2014年7月20日、21日に大阪市で開催された「第7回日本在宅薬学会学術大会」で、厚生労働省保険局長の唐澤剛氏は「地域包括ケアと薬剤師・薬局の役割」と題する基調講演を実施。「地域包括ケアはまだ確立したコンセプトにはなっていない。これから、薬局、薬剤師の役割も含めて考えていく段階」などと語り、薬局薬剤師の積極的な参加を求めた。

ログインして全文を読む