厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課は7月15日、脱法ドラッグとして流通している製品に含まれる2種類の成分を、薬事法の規制対象となる「指定薬物」に緊急指定すると発表した。緊急指定による規制は初めて。

ログインして全文を読む