日本臨床検査薬協会(JACRI)、米国医療機器・IVD 工業会(AMDD)、欧州ビジネス協会(EBC)の体外診断用医薬品(IVD)業界3団体は2014年6月17日、厚生労働省医薬食品局長、医政局長や医薬品医療機器総合機構理事長らにあてて、「体外診断用医薬品の適正な提供に関する考え方」と題する提言書を提出した。

ログインして全文を読む