いわゆる健康食品について、インターネット上の個人輸入サイトで販売されていた製品109製品中、56製品から医薬品成分が検出されたことが、厚生労働省が6月10日に公表した「インターネット販売製品の買上調査」の結果で明らかになった。

ログインして全文を読む