処方情報分析サービスなどを行う医療情報総合研究所(本社:東京都千代田区)はこのほど、4月17日に発売された日本初のSGLT2阻害薬のイプラグリフロジン L-プロリン(商品名スーグラ)の処方状況の速報を発表した。それによると、同薬の発売後14日間(4月17日〜30日)の処方箋枚数ベースのシェアは0.3%だった。

ログインして全文を読む