慶應義塾大学薬学部教授の黒川達夫氏と、武蔵野大学薬学部特任教授の豊島聰氏を共同編著者に、『医薬品のレギュラトリーサイエンス』という書籍が今年2月南山堂より出版された。黒川氏は元厚生労働省大臣官房審議官、豊島氏は医薬品医療機器総合機構審査センター長で、医薬品の規制に長く関わってきた。同書を出版した狙いなどを、黒川氏に聞いた。

「化合物がどのようにして薬に仕上げられるのか薬剤師にも理解してほしい」の画像

ログインして全文を読む