内閣府「規制改革会議」の第21回健康・医療ワーキンググループの会議が5月1日に開催され、「重点的フォローアップ事項」の一つである「いわゆる健康食品をはじめとする保健機能を有する成分を含む加工食品及び農林水産物の機能性表示の容認」について、2014年夏ごろを目途に報告書をまとめ、新しい表示に必要な法令などの改正、新制度の周知を行う予定であることが明らかになった。

ログインして全文を読む