日本医療機能評価機構は1日、今年2月に発生し同機構に報告があった薬局ヒヤリ・ハット事例のうち、医療安全対策のために関係者で共有すべき事例とした6例の詳細をホームページで公開した。

ログインして全文を読む