2013年12月に公布された「薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律。2014年6月12日の施行まで、あと1カ月余りとなりました。薬事法の主な改正点は、一般用医薬品の販売ルールを制定するというもの。それに伴い、薬事法や薬剤師法の、調剤に関連する部分の条文も改正されています。これらの法改正が薬剤師業務に与える影響について、薬剤師資格を持つ弁護士の赤羽根秀宜氏に聞きました。

「薬剤師法の改正で、服薬説明に関して法的に求められるレベルが相当、高くなります」の画像

ログインして全文を読む