妊娠後期の女性に対するケトプロフェン外皮用薬(商品名モーラス他)の使用について、厚生労働省は3月25日に添付文書の変更を指示。テープ剤は従前の「慎重投与」から「禁忌」に、パップ剤やゲル剤などテープ剤以外の外皮用薬でも新たに禁忌となった。

ログインして全文を読む