厚生労働省は、在宅療養を行っている患者の状態に応じて、必要な量の医療機器を分割販売することを認める通達を4月11日に発出した。

ログインして全文を読む