厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課は2014年4月10日、「偽造医薬品・指定薬物対策推進会議」の第1回会合を開催した。薬事法の改正により、4月1日から指定薬物の所持・使用が禁止されたことや、6月12日にOTC薬のインターネット販売が解禁されることを受けたもので、啓発活動の強化や個人輸入の適正化の方策などについて議論する。

偽造医薬品と薬物乱用の防止策に厚労省が本腰の画像

ログインして全文を読む