厚生労働省医薬食品局総務課と監視指導・麻薬対策課は2014年3月31日付で、要指導医薬品や一般用医薬品の新たな販売ルールを定めた改正薬事法の運用に関してQ&Aを出し、各都道府県に事務連絡した。要指導医薬品と第1類医薬品を販売する際は、薬剤師による情報提供および薬学的指導を行うことが義務付けられるが、その内容を購入者が理解したかどうかは口頭で確認すればよいとの見解が示された。改正薬事法は6月12日に施行される。

ログインして全文を読む