厚生労働省医薬食品局は2014年3月10日、要指導医薬品の販売時の留意点や一般用医薬品のインターネット販売のルールなどを示した局長通知「薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律等の施行等について」(薬食発0310第1号)を各都道府県に出した。一般用医薬品のネット販売を行う薬局・薬店に対しては、週30時間以上、実店舗を開けることを求めている。また、要指導医薬品に関しては、常備を目的とする場合など、具体的な症状の内容が確認できない場合は、販売してはならないと定めている。OTC薬販売に関する改正薬事法は、6月12日に施行される。

ログインして全文を読む