厚生労働省は2014年2月13日、調剤した薬剤を患家で交付する際、残薬状況に応じて、処方医への疑義照会を行った上で計数を変更することを認める薬剤師法施行規則の改正省令案をまとめた。3月14日までパブリックコメントを実施している。

ログインして全文を読む