花粉症シーズンの到来を目前に控え、新しいスイッチOTC薬が相次いで登場している。有効成分としてペミロラストカリウムを含む「ノアールPガード点眼液」(佐藤製薬)、トラニラストを含む「ロート アルガード プレテクト」(ロート製薬)、エバスチンを含む「エバステルAL」(興和)――だ。いずれも、2013年12月20日に製造販売承認を取得し、14年1月に発売されている。

ログインして全文を読む