厚生労働省は1月21日、厚生労働科学研究費補助金事業「薬剤師が担うチーム医療と地域医療の調査とアウトカムの評価研究」(主任研究者:日本医療薬学会会頭の安原眞人氏)の研究班がまとめた報告書「薬局の求められる機能とあるべき姿」の周知を求める通知を、都道府県や関連団体向けに発出した。後発品数量シェア60%を超えるよう求めるなど、薬局にさらなる努力を求める内容となっている。

ログインして全文を読む