中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2013年12月25日開催され、14年度改定に向けて追加の議論が行われた。調剤報酬に関係する項目として、注目すべき内容は、(1)薬剤服用歴管理指導料(処方箋受け付け1回につき41点)の見直し、(2)妥結率の低い薬局・医療機関について、(3)うがい薬のみの処方の場合は保険の対象外とするか──の3つ。

ログインして全文を読む