2013年12月20日に発表された、2014年度診療報酬改定の改定率には、当初、「なお、別途、後発医薬品の価格設定の見直し、うがい薬のみの処方の保険適用除外などの措置を講ずる」といった文言が入っていた。だが、12月24日現在、厚生労働省のウェブサイトに公表している文書では、この“なお書き”は削除されている。

ログインして全文を読む