厚生労働省は13日、後発医薬品694品目(内用薬553品目、注射薬81品目、外用薬60品目)の薬価収載を官報告示した。今回が初収載となる新規の後発品は、興和の脂質異常症治療薬リバロ(一般名ピタバスタチンカルシウム)、ファイザーの抗菌薬ジスロマック(アジスロマイシン水和物)、ノバルティスファーマの抗癌剤グリベック(イマチニブメシル酸塩)など11成分。

ログインして全文を読む