一般用医薬品(OTC薬)の新たな販売ルールを盛り込んだ改正薬事法が2013年12月5日、参議院本会議において賛成多数で可決・成立した。これにより、劇薬指定品目および医療用医薬品からスイッチされて原則3年以内のOTC薬のインターネット販売は禁止されることが決まった。

日薬、来春にもOTC薬ネット販売ガイドライン策定への画像

ログインして全文を読む