医療分野のシステム開発などを行うCDSystem(本社:東京都武蔵野市)は2013年10月15日から、東京都内のローソン2店舗で、消費者が自分に合った一般用医薬品(OTC薬)を選べるようにサポートするサービス「ANZOO(アンズー)」の試験運用を開始した。同社代表取締役社長で日米両国の薬剤師資格を持つ陳惠一氏は、「日本の一般用医薬品(OTC薬)は配合剤が多く、患者だけでなく薬剤師にとっても、患者の症状や既往歴などに応じた商品を選ぶことは容易ではない。ANZOOによってOTC薬の適正使用を支援するとともに、真の患者参加型医療を実現していきたい」と話す。

患者に合ったOTC薬を提案するシステムが登場の画像

ログインして全文を読む