気管支喘息やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーといったアレルギー疾患の小児患者と家族を、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士が連携してサポートする動きが広がっている。日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会(JSPIAAD)は2013年度から、これまで看護師のみを対象としていた「認定小児アレルギーエデュケーター」の受験資格を薬剤師と管理栄養士にも拡大。地域における薬局薬剤師の貢献に期待が集まっている。

「認定小児アレルギーエデュケーター」を知っていますか?の画像

ログインして全文を読む