疑義照会が行われたにもかかわらず、疑問点が医師に明確に伝わらなかったために、処方が修正されずに過量投与されたケースが報告されている。日本医療機能評価機構は2013年11月15日に公表した医療安全情報で、不十分な疑義照会による過量投与の事例を紹介するとともに、疑義照会の際は、疑問点を医師に明確に伝えるよう注意喚起している。

ログインして全文を読む