長野県の上田薬剤師会は2013年11月23〜24日、オーストラリア薬剤師会から講師を招き、在宅療養患者の服薬支援や医療連携に関するワークショップを行う。厚生労働省医薬食品局「薬物療法提供体制強化事業」の一環。上田薬剤師会会長でイイジマ薬局(長野県上田市)の飯島康典氏と、講師を務めるオーストラリア薬剤師会のLily Chong氏らは11月22日、都内で記者会見を開き、「オーストラリアで10年間にわたって蓄積されてきた在宅薬物管理のノウハウや知識を共有することで、日本の薬剤師も在宅医療の現場で自立した役割を担うようになってほしい」と力を込めて語った。

ログインして全文を読む