2013年9月22日、23日に大阪市で開催された日本薬剤師会学術大会の分科会「地域包括ケアの実現を目指して」では、大阪薬科大学臨床実践薬学研究室の恩田光子氏が基調講演を行い、薬局薬剤師による在宅医療サービスの現状とそのアウトカム、職種間連携を実効あるものにするための課題などを調べた調査の結果を説明した。

ログインして全文を読む