ソニーは2013年8月19日、非接触ICカード技術「FeliCa」を利用した電子お薬手帳の試験サービスを、今秋から川崎市全域で行うことを明らかにした。患者に発行した専用のFeliCaカードには暗号化した氏名や生年月日などを、調剤情報を同社の管理するクラウド上のサーバには調剤情報を分けて保存する。薬局内のタブレット端末に両者を集約した情報を表示し、閲覧する。患者はスマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば、調剤履歴を閲覧することが可能だ。

FeliCaカードを使った新しい電子お薬手帳の画像

ログインして全文を読む