国民にもっと薬剤師業務の中身を知ってもらい、医薬分業のメリットを感じてもらおう――。日本薬剤師会はこのほど、今年度の「薬と健康の週間」(10月17〜23日)の全国統一事業として、薬局・薬剤師業務の“見える化”を行うことを決めた。全国の会員に対し、薬局でのポスターの掲示や来局者への説明などを実施するよう呼び掛けている。

ログインして全文を読む