厚生労働省は7月26日、2012年度の「一般用医薬品販売制度定着状況調査」の結果を発表した。第1類医薬品の販売時に、薬剤師が文書を使って詳細な説明を行っていた薬局・薬店は60.7%に上り、11年度の前回調査に比べ、5.5ポイント改善したことが分かった。

ログインして全文を読む