薬局店頭で来店者のHbA1cを測定すると、糖尿病が強く疑われる人および糖尿病予備軍の疑いがある人が、合わせて3割近く発見できることが、筑波大学と薬局などが共同で実施している「糖尿病診断アクセス革命」プロジェクトがまとめた調査結果で判明した。薬局店頭での検査および疾患スクリーニングの有用性を示すエビデンスとなりそうだ。

ログインして全文を読む