「ネット販売規制の省令無効の最高裁判決が出た今、薬剤師の臨床行為の適法性について、再確認する必要がある。トーンダウンというわけではなく、最悪の事態を考えて、先を見通した上で、自信を持ってやってほしい」。2013年7月14〜15日に大阪市で開催された第6回日本在宅薬学会学術大会で、日本病院薬剤師会顧問弁護士の三輪亮寿氏は訴えた。

「最高裁判決を踏まえ、薬剤師の臨床行為の適法性を再確認する必要あり」の画像

ログインして全文を読む