中央社会保険医療協議会(中医協)総会が6月12日開催され、調剤報酬における薬学管理料の重複投薬・相互作用防止加算が、2009年から2011年の3年連続で算定回数が増加していたことが報告された。

ログインして全文を読む