医療用医薬品を使用した患者に生じた有害事象や副作用などの情報を、薬剤師間で共有するためのiPhone用アプリが登場した。行政に報告が集積する前の段階から早期に情報を把握して薬害を防止したり、薬剤の新たな副作用の発見にもつなげられそうだ。

医薬品有害事象の報告・共有アプリが登場の画像

ログインして全文を読む