日本薬剤師会、日本チェーンドラッグストア協会、日本漢方連盟など6団体は6月4日、「医薬品ネット販売を慎重に考える合同記者会見」を都内で開き、第1類医薬品のインターネット販売の解禁は絶対に容認できないとする見解を改めて示した。

日薬など「OTCネット販売慎重派」が合同記者会見の画像

ログインして全文を読む