米国研究製薬工業協会(PhRMA)の新会長のロバート・J・ヒューギン氏(セルジーン社会長兼CEO)は5月15日、都内で講演会を開き、医薬品が社会や経済にもたらす利益や今後日本政府に求める政策などについて講演した。

米国研究製薬工業協会が新薬創出加算の恒久化などを日本政府に要望の画像

ログインして全文を読む