厚生労働省が薬局製剤の新規処方37種類を認可する方向で検討している。「薬局製剤指針等の一部改正について」と題したパブリックコメントを開始しており、特に問題がなければ年内をめどに関係する厚生労働省告示や局長通知などを改正する方針。

ログインして全文を読む