全国で13店舗の薬局・薬店がインターネット上で第1類医薬品を販売していることが、厚生労働省の調査で分かった。同省が4月5日に開催した「一般用医薬品のインターネット販売等の新たなルールに関する検討会」の会合で、調査結果が報告された。

ログインして全文を読む