厚生労働省の「医療情報データベース基盤整備事業推進検討会」(座長は東京大学大学院医学系研究科教授の大江和彦氏)の第1回会合が4月5日に開かれた。事務局が提出した、同事業における医療情報の利活用の要綱案および倫理上の取り扱いについて質疑応答が行われた。

ログインして全文を読む