日本薬剤師会は28日、同会の協力薬局における在宅医療の実態を調べた「平成23年度 在宅医療等に関する実態調査結果」を公表した。調査対象は、各都道府県薬剤師会の推薦により登録した日薬の「在宅医療・サポート薬局」483薬局で、うち368薬局から解答を得た(回収率76.2%)。調査期間は2011年10月1日から31日まで。調査は2010年1月に実施した前回に続いて2回目。

ログインして全文を読む