「基礎と臨床が力を合わせ、“オール薬学”として薬学界の更なる発展を目指したい」。日本薬学会は3月30日、第133年会の企画として、「『オール薬学』キックオフ」と題する特別シンポジウムを開催。年会組織委員長で東京大学大学院薬学系研究科教授の松木則夫氏は、研究者、薬局薬剤師、病院薬剤師が一丸となって、国民に対して薬学をアピールしていくことが重要だと訴えた。

「研究者、薬局・病院薬剤師がWin-Win-Winの関係に」の画像

ログインして全文を読む