千葉大学とマツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市)は3月5日、医薬品適正使用の普及、地域医療への貢献、医療関連サービスの充実を目的として、千葉大学大学院薬学研究院に「医薬品情報学(マツモトキヨシHD)寄附講座」を設置すると発表した。

ログインして全文を読む