日本骨粗鬆学会は、医療従事者を対象とした「骨粗鬆症マネージャーレクチャーコース(リエゾンサービスコース)」を3月9日に開催する。薬剤師、看護師、保健師、管理栄養士など、医療に関する国家資格を持つ人が対象。近年、増加の一途をたどる骨粗鬆症による骨折を防ぐ上で、多くの医療従事者に骨粗鬆症の予防・治療や患者支援に関わってもらうことが狙い。昨年9月に第1回が開催されており、今回は2回目。

ログインして全文を読む