第1類医薬品販売時の薬剤師による情報提供の実施率がいまだ低迷している一方、一般用医薬品(OTC薬)のインターネット販売を禁じる省令が最高裁判決で否定されるなど、OTC薬を取り巻く状況は大きな転換期を迎えている。日本薬剤師会副会長で、OTC薬の販売体制やセルフメディケーション推進を担当している生出泉太郎氏に話を聞いた。

「まずはOTC薬販売制度の遵守を」の画像

ログインして全文を読む