武田薬品工業、アストラゼネカ、田辺三菱製薬、エーザイ、協和発酵キリン、アステラス製薬、大正製薬、アボット ジャパン、塩野義製薬の9社は、8月31日、各社が製造・販売しているプロトンポンプ阻害薬、アモキシシリン水和物、クラリスロマイシン、メトロニダゾールについて、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎における3剤併用療法に対する効能・効果の追加を、厚生労働省に9社共同で公知申請した。

ログインして全文を読む