日本薬剤師会は7月19日、「2011年度一般用医薬品販売等に関する実態調査」の結果を公表した。これによると、09年6月の改正薬事法施行以降、第1類医薬品の在庫数を増やした薬局は46.1%に上り、販売高も34.1%の薬局で伸びていることが明らかになった。

ログインして全文を読む