医薬品医療機器総合機構(PMDA)は3月26日、「患者副作用報告」の受け付けを開始した。患者やその家族が、医師や薬剤師を介することなく、副作用が疑われる症状やその時に飲んでいた薬などについてインターネット経由で報告できるようになる。

ログインして全文を読む