中央社会保険医療協議会(中医協)は11月30日、総会を開催し、来春の調剤報酬改定に関する議論を行った。後発品の使用促進策として、後発医薬品調剤体制加算の改定、処方箋様式の変更、薬剤情報提供文書の内容追加などが話し合われたほか、基準調剤加算の要件変更についても提案された。

後発品使用促進の強化にあの手この手の画像

ログインして全文を読む