厚生労働省は11月2日に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)総会で、保険薬局における患者一部負担金の受領に応じたポイント付与を原則禁止する案を示した。中医協はこれを了承し、「保険医療機関及び保健医療養担当規則」と「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」の改正によって、ポイント付与を禁じる方針を決定した。新たな規則は2012年4月1日から施行される見込み。

ログインして全文を読む