10月21日に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)総会で、後発医薬品の使用状況調査の速報値が公表された。保険薬局に対する調査(回答数778施設)の結果、数量ベースの後発品調剤率は24.3%(6月の平均値)で、昨年6月調査の23.5%よりわずかに上昇した。

ログインして全文を読む