日本保険薬局協会(NPha)はこのほど、同協会の会員法人を対象に行った「ジェネリック医薬品に関するアンケート」の集計結果を発表した。後発品調剤に対するスタンスについて、調査に答えた62社中44社(71.0%)が「積極的に取り組んでいる」と回答。62社の2756薬局中1861薬局(67.5%)が、後発医薬品調剤体制加算を算定していることが分かった。

ログインして全文を読む